FC2ブログ

Eternel エテアネール

永遠に残る世界を

ブログのお休み

IMGP1834.jpg

今年も庭のすずらんが愛らしい姿で咲き誇っています。
夜のすずらんは、小さい明かりがぽつぽつと灯っているようで
また、違う愛らしさがあります。

自然の姿には何物にも変えがたい癒しがあります。

長い間続けてまいりましたブログを閉じさせていただきます。
たくさんの出会いがありましたこと、心から感謝を致しております。

また新しい形の皆様との出会いを考えて参りたいと思います。

ありがとうございました。
スポンサーサイト



  1. 2012/05/16(水) 08:50:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

光風会展

_MG_4259.jpg

18日から始まりました光風会展。
今年の作品は、昨年の震災で倒れた石巻の山の桜で糸を染め、
石巻の上品山から見た北上川と土葬されていた方々の鎮魂の
気持ちをこめた作品。

タイトルは  ”花浄土 石巻”
  1. 2012/04/19(木) 23:49:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東日本大震災  一周忌  3,11  明日へ

3月11日、誰もが心に色々な思いが過ぎる日。
色々な数字が公表される度に、改めて、この震災の
悲惨さ、むごさに胸が痛みます。

今日は、朝から深夜まで色々な番組が予定されて
いるようなので、コメントは控え、亡くなられた
方へのご冥福をお祈りいたします。

ここでは、わたくしの出来ることで、何かできる事は
ないかと考えて、この一年間被災地の方たちから、
心が離れないように参りました。
昨年参りました石巻へ再び一月にいってきました。
上品山と言う石巻が一望できる山に行きましたが、その途中に
根元から倒れている桜の木をみつけ、枝を見ると芽吹いて
いるではありませんか!枝を折ってみると切り口が緑色に
なっていたので、これは生きている、煮出せば桜色が染まる!と
おもい、友達と倒れている木から枝を頂いてまいりました。
そして、東京のわがやの花瓶の中で、来るべき日まで
じっと耐えながら、震災の一周忌の三日前にお花が咲いて
くれたのです。
さらに、その枝から、やさしい、匂い立つような桜色が
染まったのです。
あの細い、細い桜でさえも、こうして、花を咲かせ、わたくし達に
感動と前を向いて生きることを教えてくれました。

ささやかでも被災地へ他にも出来ることはないかと考えて
おりましたが、石巻の友人に、道の駅にあった石巻でとれた
”わさび菜”をあるだけ送って欲しいと頼み、その”わさび菜”で
草木染をと考えておりました。そして、今朝、このような
さわやかな美しい若草色に染まりました。
もちろん、煮出したお葉はおひたしでいただきましたよ~!^^)
義援金は昨年は続けておりましたが、今年は現地にお金が直接
渡ることを考え、お魚やこうしてお野菜でも出来ることがわかり、
これからもこのような形で、いつも心が沿うような協力をして
いきたいと考えております。

_MG_4020.jpg

_MG_4022.jpg

_MG_4092.jpg

この桜は、昨日友人がこの場所に行ってくれたのですが、残っていた枝はみんな枯れて
いたそうです。私に会えるまで、頑張っていてくれたのかしらと思いますと、
胸が痛み、愛おしさが何倍にも心に溢れてきました。
木は枯れても、この桜の色は、布の中に生きていますよ。
改めて、この仕事をしてきたことに誇りと責任感を覚える思いでした。

_MG_4047.jpg

_MG_4095.jpg

_MG_4099.jpg

  1. 2012/03/11(日) 16:58:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の雪

_MG_4067.jpg

_MG_4069.jpg

_MG_4074.jpg

昨日は2月29日、東京に春の大雪が降りました。
みんなの記憶のページに記されるでしょう。
でも、やはり、春の雪ですね、今朝は、道路も
凍ることもなくかなり溶けていました。
仕事場から見たかわいい雪の数珠、思わずシャッターを
押してしまいました。

そして、今日から3月、
今朝、突然の揺れに飛び起きました。

あ~、また地震!昨年の震災以来、とにかく多い地震!
今朝の揺れは我家の地域は震度3だったようでした。

今までは当たり前のように暮してきたことが、一瞬一瞬が
緊張を強いられるようになってきたように思います。
そして、ニュースは原発の問題が連日取り上げられ、
取り上げられるニュースが目や耳を疑うような昨年の
福島の原発事故の対応、日本の悪い部分ばかりがあらわに
なったように思います。日本の緊張感のなさ、体裁を気にし、
考えることが未熟~。
福島の方々のやりきれない思いは胸が痛みます、日本の
トップ(何がトップか分かりませんが)の人間の英知は
ここで活かされなければいけないのではと、怒りを覚えて
来ます。
最近のニュースで、地球が持っているエネルギーは凄いもので、
いろいろなものがまだこの地球に眠っている事を知った。

今日、明日、何が起きるかわからない日々、夢を持って
生きていますが、自分の人生も自然の流れで続いていくのか
その保証もない、どこで、震災に遭うかで運不運の分かれ目かなと
思います。
我家の子供達は海外にいます。覚悟を強いられています。
誰かが生き残ることだけは確かです。

いつもなら、春3月、日差しも植物の蕾ふくらみも、人の心を
うきうきとさせるのに、今年の3月の迎え方は、思いがけない
地震で、少々暗いものになってしまいました。

でも、背に当たる日差しは温かいです。いつまでも冬ではないのですね。
春が柔らかく、やわらかく包んでくれています。

大切に、楽しく、明るく過ごしたいですね。☆
  1. 2012/03/01(木) 09:24:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれから10ヶ月~

ヨーロッパ編をちょっとお休み

昨年6月に石巻を訪ねてから7ヶ月、思うところあって
先日、再び行ってまいりました。
仙台の駅も塩釜、松島、途中ところどころ、こんなところに
船がと言うところもありましたが、大方、瓦礫が取り除かれ、
きれいに整地されているところが多くなっているように思い、
少しずつ前に進んでいるのかなと思いましたが、友人の話では
まだ、まだ進んでいないところもあると、目を伏せながら、首を
横に振って話している姿に、胸が痛みました。

友人が塩釜の魚市場に連れて行ってくれました。ようやく、品物が
そろってきたとの事、やはり、塩釜、新鮮な魚介類にあれもこれも
ほしいと、そして、何よりも、地元にお金が落ちることに賛成、
地元の方の大変だったお話を聞きながらも、今は元気にお仕事を
している姿に感動でした。

_MG_3997.jpg

_MG_4002.jpg

マグロの心臓  新しい証拠だそうです
大変美味でした!!!
_MG_3999.jpg





[あれから10ヶ月~]の続きを読む
  1. 2012/01/20(金) 15:25:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2012年  明けまして おめでとうございます

_MG_3726.jpg


 この暖かい光がとどきますように~

 みんな同じ思いで、新年をお迎えになられたことと思います

 皆様のご多幸を 心からお祈り申し上げます
  1. 2012/01/01(日) 01:14:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブログお休み中

IMGP1232.jpg
  1. 2011/10/23(日) 00:14:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あの日から~

_MG_3197.jpg



9月11日、あの日から10年、あの日から半年、
奇しくも重なった9月11日、日本が、世界が、
今、直面している負の遺産に、もう一度、原点を
見直すべきではないかと思う。
一秒前までの命、暮らしを全て奪い、一秒後から、
現在まで悲しみと恐怖を強いている自然の脅威と
人間の欲と便利さと甘えから生まれた原発事故。
自分も含めて、原発の事故が、このように見えない恐怖に
落としいれられるとは、どれだけの人々が想像して
いただろうか。
今朝のテレビ番組で、ドナルドキーン氏が”便利さが
美の一番の敵”というコメントをおっしゃっていました。
日本の美は、手間隙を惜しまず静かに積み上げて
生まれるもの。草木染はまさにその世界。
便利さと不便さ、短時間と長時間、簡単と複雑、
相反するものの功罪と向き合わなければいけないのでは
ないかと思う。
ネットニュースで、親の7割が”子供が煩わしい”と思っていると
言う文字に、目が釘付けにされました。”なんということ!”と、
でも、一概に親が悪いと言えない、親も人の子、今までも、
これからも不安の中で生きていかなければいけないストレスが、
このような心情にさせたのではないかと思う。
亡くなられた方行くへ不明の方の数字を目にする度に胸がつまり、
また、抱える問題が、あまりにも厖大であることに、改めて、
これからも、何をしてかなければいけないかを、問い続けて
行きたいと思いました。
被災者のかたの、たくましさ、強さに、励まされているとは~。

亡くなられた方へのご冥福をお祈りいたします。
  1. 2011/09/11(日) 12:22:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月の終わり

あと数日で八月が終わります。
そして、来月で、震災から半年を迎えます。
この半年間、何が変わって、何か手ごたえのある復興は
あったのかと、不安の募るニュースばかり。
政治が止まっている間、仮設住宅でお年寄りの孤独死や
先の不安を抱き102歳の方の自殺の報道に、胸の張り裂ける
思いでした。
阪神淡路大震災の教訓が何も生かされていない、また、
繰り返したのかと。
6月に、石巻へ行きましたとき、仮設住宅の建設現場も
みてきましたが、こんな寂しいところへ建てて、どんな
方が入るの?と、あまりにも無作為とも思えるやり方に
疑問を抱いていました。
これから冬を向かえ、人の行き来もままならぬときに
さらに、孤独死が増えるのではと、危惧をおぼえる
現実でした。

建設中の仮設住宅

_MG_3092.jpg

_MG_3091.jpg



我家の玄関に、毎日二輪、三輪花を咲かせ、外出から戻ると、
お帰りなさいと迎えてくれているようなハイビスカス。
人の心とは、そのようなもので、たわいないものでも
自分に何かを寄せてくれているもので、癒され、幸せを
感じるのではないでしょうか?

東京にいて、何かできることはないかと言う心だけは
失わないように、添わせていきたいと思っています。
_MG_3244.jpg



  1. 2011/08/29(月) 00:27:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災   明日へ  Ⅹ  終了

仙台の駅で石巻へバスで移動しなければならなかったのですが、
駅前で、思いがけない”すずめおどり”のお祭りに行く途中の
かわいい、かわいい、女の子達が、ポーズを作ってください
ました。
かわいいお顔の中に、きりっとした表情に、このお嬢さんたちも、
あの恐ろしい体験をなさったのかとおもうと、
このかわいいポーズに、がんばってね! ありがとう!という言葉と
日本の将来をお願いしますね!という気持ちになりました。


_MG_3042.jpg

_MG_3040.jpg

_MG_3039.jpg

_MG_3038.jpg

被災地の情報を少しでも、皆様に色々な角度からお伝えしようと
九回に渡って、お届けさせていただきました。
まだまだ、写真はありますが、今は、もう前を向いて歩かなければ
いけないのではと思い、今回で終了させていただきました。
被災地の方々も、それぞれがいろいろな形で、本当にがんばって
いらっしゃいます。
今日よりも明日、明るい手ごたえのある人生が訪れますことを
心から祈っております。

猛暑は続いております、特に被災地の皆様は大変な
状況のなかで、頑張っていらっしゃいます。
どうぞ、熱中症には充分お気をつけて、皆様夏を
乗り切ってくださる事を、祈っています。



  1. 2011/08/12(金) 09:39:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

sakura

Author:sakura
   *********
著作権は撮影者にあります。サイト内の写真の無断使用をお断り致します。


   
                     

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する