FC2ブログ

Eternel エテアネール

永遠に残る世界を

年納めのご挨拶

いよいよ後2日、今年一年、アン・カドーを支えてくださいました皆様、ありがとうございました。きっと、↓このような心境かと思います。ちょっと、手のすいた時は、陽だまりでこっくりも。
身体を休めること、心も身体もリフレッシュすることが、回りのものも、自分も見えてくるような気がします。
夢のある限りは、元気で、また皆様とブログを通して、楽しい人生を綴って生きたいと思っております。
来年もまた、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

どうぞ、よいお年をお迎えくださいませ。
 
Bonne annee!












スポンサーサイト



  1. 2006/12/29(金) 11:10:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

何故か? ソウル Ⅰ

先日、ソウルへ行ってきました。観光ツアーではないので、普通では体験できないことや、またある意味では名所旧跡などにいけなかったことが、よかったのか悪かったのか。。。。でも、師走にしてはお天気に恵まれ、暖かかったでした。

青瓦台、修復工事で、残念ながら幕がかかっていました。



"冬のソナタ”の舞台で有名な明洞聖堂。ここでも修復工事で幕が。




街の真ん中にある公園 パゴタ公園。日本からの独立を目指して1919年に起きた"3.1”運動”発祥の地。日韓の近代史を知るために派必要な場所。お年寄り達が寛いでいました。






仁寺洞 いわゆる日本で言えば骨董どおり



通りの中ほどに、このようなデザインの建物が!アンディ ウオホールのデザイン。屋根の上に車が!ミニチュアではありませんでした。



仁寺洞にある韓国の手漉き紙のお店。



昌徳宮  とても広く時間がなかったので、中まで入ることが出来なくて残念でした。

王宮時代の栄華を残す世界遺産。景福宮の離宮として1405年に建てられた。幾度も火災に見舞われている。緑多い秘苑には28の楼閣がある。  今度は是非、ゆっくりいける時間を作りたいです。



民族衣装を着た啓史が立っていました。











  1. 2006/12/27(水) 08:54:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスの夜

今夜はいろいろな光の中で、音楽を聴きながら。。。このような過ごし方もいいなと、何だか一年間の出来事が走馬灯のように思い出されました。今年も走り続けたけれど、皆さんとのすてきな出会いがあったからこそと。。。しあわせだなあ~~~、わたしは。












  1. 2006/12/26(火) 01:39:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Joyeux Noel !  プティット・フランスのクリスマス  

Joyeux Noel! メリークリスマス!
皆様はクリスマスイヴはどのように過ごされましたでしょうか?
きっと今頃は、まだ酔いに浸ってブログどころではない!というところではないでしょうか?(^^)

私は。。。。。↓
フランス語の学校でのクリスマスパーティー。連休と重なり参加者は少なかったのですが、主催者のとても温かい、心づくしのパーティーに、一人でクリスマスを過ごさなければならなかったものにとりましては、大変うれしい夜でした~。♪♪♪
お食事もイヴェントも、スタッフの皆さんの楽しい発想に、フランスのにおいを感じ、また帰りには、サンタさんから、たくさんのプレゼントまでいただき、背中にしょって帰ってきました.(笑)



美味しいワイン、チーズ、キッシュ、メインは中央にあります流
れるショコラをフルーツに絡めていただくもので(ごめんなさい。  名前を伺うのを忘れました)、ショコラの味がとてもフルーツに合  っていて、とくにいちごはセ・ボン!(^0^)/
皆さんは童心に戻って、お料理より先に手を出していました。




りんごのチップは先生がつくられたようで、とてもおいしかったです。(^^)



パーティーグッズも全部トータルされていました。



サンタさんが置いていってくださった?プレゼントの袋。中にどんなものが入っているのか楽しみですね~。



楽しい夜のつづきはこちらへ


[Joyeux Noel !  プティット・フランスのクリスマス  ]の続きを読む
  1. 2006/12/24(日) 22:50:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

何故か? ソウルのクリスマス Ⅰ

ソウルのクリスマスの風景をお届けします。日本よりも華やかなクリスマス風景、いろいろなところで、イルミネーションが輝いていました。


新世界(シンセゲ)デパート




ソウルのロータリーにもイルミネーション





街路樹全体に絡ませているイルミネーション。ソウルの人たちの力の入れようが伝わってきます。




ロッテホテル




まだまだあります(^^)↓



[何故か? ソウルのクリスマス Ⅰ]の続きを読む
  1. 2006/12/22(金) 23:42:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クリスマスのプレゼント

娘から贈られてきましたクリスマスのプレゼント。ささやかながらも、気持ちはブランド物以上のものを感じました。
スペインでクリスマスに食べるお菓子、”ポルヴォロン”。アーモンドの粉で出来ていて、幸福を招くものだそうです。今日、織りの教室の最後の日でしたので、皆さんに”幸せがきますように”と。お分けいたしました。





フラメンコを踊っている指ぬき。スペインならではのもの。よくできていますね。(^^)




  1. 2006/12/21(木) 20:32:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

御礼

12月8日、古く言えば太平洋戦争開戦日。
私的にいえば、ブログの挑戦日。今日で、おかげさまで一年を迎えることができました。私にとりましては、自分の人生を大きく変えるものでございました。一年前まで、ITと言うものに苦手、さらに写真の世界にまで入っていくとは、全く考えられないことでした。そのような私が一周年を迎えることが出来ましたのは、まさに師匠と呼ばせていただいている、”Mindscape”のOharaさんの温かい、至れり尽くせりのご指導の賜物でございました。ちょうど、娘が海外に行くと言うことで、もう一人の娘も海外在住、ならば私が何とか元気で生きていることを知らせることができるのであればと思いつつも、苦手な分野でしたので、二の足を踏んでいました。その時に、お友達のフランボアーズさんが始めていらして、”とても楽しいわよ”と言う一言に背中を押され、それからと言うものは、OHaraさんに失礼を省みず、おんぶに抱っこの状態でした。専門用語も分からない日々でしたが、そのような時でも、いやなお顔をひとつせず、丁寧に丁寧にご指導くださいました。
それからは、いろいろな方々との出会いが始まり、いつも温かいコメントを送り続けてくださっている、Oharaさんはもちろんのこと、今はお休みになっていらっしゃるフランボアーズさん、不思議なご縁からの娘と同じ年の、同じ大学ご出身のdianasさん、遠い遠い福岡在住のnoaさん、娘よりもっとお若いとももさん、それからリンクをさせていただいている方々のおかげで、この一年本当に充実した日々を過ごさせていただきました。皆様の温かいお言葉にどれだけ励まされてきたことでしょう。ブログを通して、今まで見えなかった人と言うものが見えたことで、たくさんのことを学ばせていただきました。
本来ならば、一人ひとりに御目文字の上、御礼を申し上げたい気持ちでいっぱいでございますが、ブログではブログ上でのスタイルでさせていただきました。
本当に、心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

小さい世界の中で、ふわーっと浮かんだ状態で、社会の隅っこで、またこれからも生きていくのかもしれません。これからもいろいろな形で、よろしくお願い申し上げます。



  1. 2006/12/08(金) 09:02:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

東京の秋 Ⅱ

東京の秋で一番好きなところ、神宮の絵画間前の銀杏並木。
まっすぐに見事に天に向かって立つ銀杏に、いつも元気をもらっています。今年は、まだ全部が黄色に染まっていませんでしたが、プロフィールの写真は去年のものです。今年は今週当たりがちょうど見ごろではないでしょうか。





黄金の秋



これはロケではありません。一般の方がお式を挙げた後、ここでお写真を撮っていました。



ちょっと遊んで、自分の作品を。(^^)



これはヤラセではなく、自分でやりました。^^








  1. 2006/12/07(木) 01:01:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東京の秋  Ⅰ

秋の最後を飾るのは東京でしょうか?
井の頭公園の秋の色









水の上にも秋をつくって



老木の桜に絡みつくもみじ










  1. 2006/12/05(火) 12:17:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

初冬の金沢  Ⅱ

話題の金沢の20世紀美術館。総ガラス張り、大変広いのですが、ガラス張りなので、とても明るく(?)、解放的な感じでした。
(?)と言いますのは、この日は、冬の日本海側の独特のお天気で、一時間後のお天気は分からないと言う、めまぐるしく変わっていましたので、お天気のいいときはさぞやと思いました。でも、昨日は金沢は雨でしたが、今日はどうでしょう?秋田からの友達の話では吹雪いているという、東京に住んでいる方には想像できないと思います。日本海側の方々の覚悟の姿勢には頭が下がります。15年前まで秋田におりましただけに。




金沢の方たちの文化に対する姿勢が非常に前向きで、古いものと新しいものとを共存させながら文化を育てている、文化意識のレベルの高さを感じました。そして、加賀百万石の方たちなのに、人のよさが、さらに、街全体の温かさをつくっているのではないでしょうか。






美術館の面白い部屋を少しご紹介を。


[初冬の金沢  Ⅱ]の続きを読む
  1. 2006/12/04(月) 00:00:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
次のページ

プロフィール

sakura

Author:sakura
   *********
著作権は撮影者にあります。サイト内の写真の無断使用をお断り致します。


   
                     

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する