FC2ブログ

Eternel エテアネール

永遠に残る世界を

京都  明日へのかたち展

光風会工芸部による、明日へのかたち展が
京都文化博物館において、24日から開催。

この美術展は、春の国立新美術館において
開かれる本展とはことなり、いろいろ新しい
物への挑戦という場として、毎年開かれて
いるもので、今年で19回になります。

私は、去年から参加、春は桜をテーマにして
おりますが、こちらでは平和の祈りをこめる
ものとして、折鶴をモチーフとして挑戦をして
おります。
折鶴のように直線的なものが多いデザインは
織物としては大変難しく、技術的には、まだまだ、
初歩の段階なので大変苦労をいたしました。
これから、いろいろ勉強のし甲斐のあるもの
として、しばらくは、秋の作品として、がんばって
いきたいと思っております。

今年のタイトルは、
  
折鶴から祈鶴へ

_MG_8985.jpg

スポンサーサイト



  1. 2008/09/27(土) 00:40:26|
  2. 気まぐれニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バルト三国とノルウエーの旅    ⅩⅦ

しばらくお休みをしている間に、北欧の旅
の記憶も薄れてきました。(笑)

エストニアから飛行機で、ヘルシンキ経由
ノルウエーのオスロへ~。

ノルウエーでは、白夜とフィヨルドを
楽しみにしておりましたが、滞在中は、
あまりお天気がよくなかったので、どれも
夢に見ていました景色には、残念ながら、
出会えませんでした。><:)

船で、ノルウエー工芸博物館へ、本来は
このような見学が、この旅行の趣旨でしたが、
半分観光気分の中にいました。(笑)

_MG_7636.jpg
_MG_7652.jpg
_MG_7653.jpg
_MG_7660.jpg
_MG_7670.jpg
_MG_7671.jpg
_MG_7718.jpg

雨こそは降らなかったのですが、とても
寒く、ここでいただいたポテトのポタージュに
皆、ほっとした表情でした。

_MG_7727.jpg

帰りの船で、遠足の子供達に出会いましたが
どの子も、ちゃんと座って、おとなしくして
いる光景に感心しました。
日本の子供達だったら、どうだったかな?
時々耳にする、授業中も10分と座っていら
れない子がいるという日本。
20分ほどの船旅でしたが、ずっとこの
ような姿勢で座っていました。

_MG_7733.jpg
_MG_7735.jpg

ガイドをしてくださった方と、団長さんのお礼と
お別れの篤いご挨拶~♪
_MG_7732.jpg

つづく
  1. 2008/09/21(日) 08:22:36|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏の名残り花

秋の月が夜空に似合う季節になりました。

さわやかさと、寂しくも思える涼しさに
昼間にも、秋の気配を感じますね。

往く夏を惜しむように、ハイビスカスが
毎日次から次へと、いろいろ色を変えて
楽しませてくれています。

_MG_8932.jpg
_MG_8939.jpg

この3連休で、2ヶ月あまりかかって
織っていましたタピストリーを織り上げ、
最後の仕上げも終わり、今、身も心も
ほっとしております。
いろいろご心配をおかけしまして、申し
訳ございませんでした。
  1. 2008/09/15(月) 23:14:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

天職

_MG_8763.jpg

ようやく、秋らしいさわやかな空に
なってきました。

そんなさわやかな秋の空に、負けないような
さわやかな若い方がいらっしゃいます。
若者と言う言葉はちょっと使えるような、
使えないような、30代半ば、私から見れば、
皆さん若者になるのですが~。(笑)

その方は、私が健康のために続けている、
テニスクラブのスクールのコーチです。
このコーチと出会ってから、かれこれ7~8年
になりますが、この間、一度たりとも不愉快な
思いをさせられたことはなく、指導している時の
言葉遣いは丁寧な言葉を使われ、そして、
どのような方にも、常に公平に接する、
オバサンだからという態度は、一度も見た
ことがないのです。
ジュニアには、ジュニアに対して、必要な
笑顔と厳しさを持って教えていらっしゃる
姿勢に、感動すら感じるものがあります。
そのコーチが、この仕事を”天職”と思ってい
ると言うお言葉を聞いた時、心にずしりと
響くものを感じたのです。
どれだけの人が、今やっている仕事に対して、
胸を張って”天職”だといえる人がいるのかと、
昨今のニュースを聞いていますと、教師
といえども、不正な手段で教師になる時代。
また、出世のためなら、お金のためなら、
手段を選ばない、次から次ヘと出てくる
問題に、いつからこの国は、こうなったのかと、
首をひねる毎日。

そのような日々のなかで、一週間に一度、この
コーチの明るく、さわやかな笑顔に接し、
気持ちのいい汗をかいて、煩雑な暮らしの中で
癒され、また、明日への元気の源を作って
くださるコーチにスクール生皆が、感謝をして
いるのです。
ファンもたくさんいらっしゃるようですよ~♪

いつか、このコーチのお話をと思っていたの
です。
なのに、このコーチは独身なのです。お嫁さん
募集中と書いていいものかどうか~???
オバサンたちはコーチの幸せを考えながらも、
でも、自分達のコーチでいてほしいと思って
いるのか、おせっかいオバサンになる人は
いないようです。

何事も、自然、自然体、誠実であることが
一番大切なこと、それは、年齢に関係なく
人間としてだと思いました。
今日も、明るい声で、優しい笑顔で、
コートの上にいらっしゃるのではないで
しょうか~♪
真っ黒に日焼けしたお顔で。^^

さわやか~、いい言葉ですね!
  1. 2008/09/11(木) 22:45:13|
  2. 気まぐれニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

風の盆

福井への用事の帰り、風の盆を
見てきました。前から、是非一度みたいと
思っていましたので、夜中にもかかわらず
従兄が車を走らせてくださいました。
俳句や、写真、ドラマ、映画、本など、
いろいろな世界で取り上げられて
いましたので、それなりにイメージが
ありましたが、やはり、一見にしかず、
とても幻想的な世界に、時間を忘れて
いろいろな町内の踊りを堪能してきました。

風の盆  
富山県八尾町で、毎年9月1日から3日まで
盆行事の一つとして行われていました。
後に、9月1日の二百十日の厄払いと、
五穀豊穣を祈願するお祭りに変ってきた
そうです。

胡弓の調べにあわせて、

静かに闇を払うように~

IMG_8807.jpg

IMG_8804.jpg

IMG_8813.jpg
IMG_8827.jpg
IMG_8803.jpg

IMG_8869.jpg
IMG_8882.jpg
IMG_8883.jpg

IMG_8821.jpg
[風の盆]の続きを読む
  1. 2008/09/06(土) 23:53:28|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

sakura

Author:sakura
   *********
著作権は撮影者にあります。サイト内の写真の無断使用をお断り致します。


   
                     

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する