FC2ブログ

Eternel エテアネール

永遠に残る世界を

エディンバラの街

エディンバラの街は、スコットランドの中心だけ
あって、重厚な雰囲気を漂わせる街でした。
産業は、スコッチウイスキーやタータンチェックの
ウールのものを前面にだしながら、観光で支えて
いるようで、8月に開かれる、ミリタリー・タトゥという
フエスティバルに世界中から観光客が集ってきます。
この時は、7月後半でしたが、たくさんの観光客で
にぎわっていました

_MG_1322.jpg

_MG_1240.jpg
_MG_1324.jpg

タータンチェックのお店兼工房
_MG_1326.jpg
_MG_1327.jpg

Jannerという、大変古いデパート、階段は
このように木の手すりの階段、
エスカレーターはなく、エレベーターは5人も
乗ったらもういっぱいという、小さいものでした。
6階位までの天井jは吹き抜けのガラス張り。

_MG_1414.jpg

_MG_1242.jpg
外は、大道芸の人がいろいろなパフオーマンスを
みせていました。
_MG_1377.jpg
_MG_1512.jpg

エディンバラの街は海辺にある街
だということが、坂を上り下りしていると
遠くに海が見え隠れしてきます。
地図を見ないで行くものですから、現地へ
行って初めて知ることばかりです。
IMG_1209.jpg
IMG_1367.jpg
スポンサーサイト



  1. 2009/08/31(月) 01:10:00|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白鳥のいる町

スペインの前に娘のいるエディンバラへ
街の中心から歩いて30分ぐらいのところに
白鳥いる湖?があり、夏でも優雅に
泳いでいる姿に、ああ~、やはり緯度の高い
国なんだなと~。
日本では、冬に白鳥が飛来してきたと
ニュースになるぐらいですから。
7月の中旬で、最高気温が21~22度、最低
気温が12~3度でした~、東京よりも10度は
違う、涼しい夏でした。

_MG_1217.jpg

_MG_1218.jpg
  1. 2009/08/25(火) 23:34:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セゴビアのカテドラルの調べ

照りつく太陽を避けるように、涼しい
カテドラルの中に入ると、パイプオルガンの
調べが、猛暑の身体をやさしく包むように
きこえてきました~♪

_MG_1685.jpg

_MG_1695.jpg

_MG_1694.jpg

_MG_1698.jpg
  1. 2009/08/23(日) 23:34:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スペインのアイスコーヒー

スペインのアイスコーヒーは、このように氷の
入ったグラスにホットのコーヒーを注いで
頂くという,簡単なものでございまして~。
でも、それなりのものでございました。
アイスコーヒーは、外国の方からみると
日本の夏の風物誌の中で、一番クールな
ものだそうです。それは、納得ですね。

_MG_1756.jpg

_MG_1757.jpg

私は、夏のスペインの料理の中で
いちばんすきなものは、ガスパチョ~♪
初めてスペインに行きましたときが真夏の
40度という猛烈な暑さでした。そのとき
いただいたガスパチョは最高でした。
それからのフアンです~♪
_MG_1716.jpg

ちょっと、ムッとする看板!!!
_MG_1761.jpg
  1. 2009/08/21(金) 11:18:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

どこかでみたような~?

ディズニーの”白雪姫”の映画の舞台に
なったお城からの眺め。

_MG_1736.jpg

_MG_1741.jpg
  1. 2009/08/17(月) 23:14:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

月下美人 美人薄命

美人薄命とは”月下美人”の花から
きているのでしょうか?
一夜限りの美しさと高貴な香りに、
人々を酔わせ、朝にはあの美しさは
どこへ~?と、人々を夢か現か
まぼろしかと頬をつねってしまうような
現実の世界に引き戻してしまう、
まさに小悪魔的な妖艶な花ですね。

従兄が10年以上も手塩にかけて、毎年、
たくさんの花を咲かせておりますが、今年も
今日明日咲くからと、教えてくれましたので、
夕方でかけ、深夜に帰宅という強行軍でしたが
堪能してまいりました。
室温の管理が難しく、あまり冷房をきかすと、
お花の咲き方が鈍るようですね。
香りがお届けできないのが、残念ですが、
美しさだけでもお届けできればとおもいます。
_MG_1790.jpg

IMGP0007.jpg

_MG_1787.jpg

開き始めから、ここまで2時間かかり、
この日は、5つの蕾をつけていましたが、
全部咲ききったのは夜中の12時だったそうで
私達は、そこまでは付き合えなかったので、
心残りでしたが、11時で帰ってきました。
2時間半かかるところでしたので。(笑)
_MG_1809.jpg

_MG_1806.jpg

_MG_1800.jpg

IMGP0011.jpg

  1. 2009/08/16(日) 00:54:15|
  2. 季節の花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セゴビアの街

それぞれの建物の壁が、アートのように
デザインされた、南欧の風景、ぎらぎらの
太陽と赤い大地、真っ青な空との計算された
街に、感激でした。
デザインがそれぞれに違う、そして、窓際に
飾られたお人形、スペインの民族度の高さを
見たような気がしました。

_MG_1669.jpg


_MG_1658.jpg

_MG_1667.jpg

この看板どう理解してよいのか~?(笑)
_MG_1681.jpg

町の広場の市場、シエスタの時間には
きれいに片付けられていました。
_MG_1679.jpg

  1. 2009/08/12(水) 23:28:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マドリードからセゴビアへ

_MG_1646.jpg

エディンバラからヒースローへ
ヒースロー経由マドリードへと移り、
飛行機から降りた空港の立派さには
驚きました。
東京と2016年のオリンピックで
競っているマドリードの力の入れように
これはなかなか強敵だなと思いました。

_MG_1647.jpg

セゴビアへは新幹線で、行きましたが
これもまた、大変静かで、速く、乗り心地の
よさに、新幹線は日本かフランスかと思って
いましたが、いろいろ再認識をさせられる旅
でした。

_MG_1648.jpg



娘のお友達が優しい心遣いのかわいい
スペインのお菓子がいっぱい詰まった、
おやつを用意してくださいました。
異国で、自分達の身を守るだけでも大変
なのに、至れり尽くせりの心配りに、日本で
豊かな中で当然のように生きている自分に
教えられることばかりでした。
豊かさの裏返しは心の貧しさに通じていく
ような気がしました。
お友達といろいろおしゃべりをしているうちに
30分ぐらいで、セゴビアに着きました。

街の中心から少し離れたところに新幹線の
駅があり、ここからバスで中心街へ。

_MG_1649.jpg

そして、有名な水道橋へ~♪
_MG_1654.jpg

_MG_1657.jpg

_MG_1653.jpg


つづく






  1. 2009/08/09(日) 23:49:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

はじめまして~♪

_MG_1559.jpg



sakuraの孫の una(宇菜)です。
この時は、顔にちょっと乳児湿疹が
できていましたが、今は、きれいに
なりました。
髪の毛はまだ少ないですが、これでも
女の子です。
これからもよろしくお願い致しますね。
横顔だけのアップで、ごめんなさい~。
  1. 2009/08/07(金) 00:48:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

暑中お見舞い申し上げます

IMG_1725.jpg
スペインのセゴビア(シンデレラのお話の
舞台になったお城)


暑中お見舞い申し上げます。

今年の夏ほど、天候に振り回された
夏はなかったように思います。
8月に入っても、まだ、梅雨のような
お天気、そうこうしているうちに、あと
数日で立秋になりますね。

皆様はいかがお過ごしでいらっしゃい
ましたでしょうか?
お休みをさせていただいている間、ふたりの
娘のところにいってきました。
そして、タピストリーの製作にと、お天気を
ぼやいている暇がないほど、超過密な
日々を送っておりました。

少しでも、鬱陶しいお天気を目だけでも
すかっとするものをと、写真は、いかにも
スペインらしい写真をアップさせていただき
ました。
この日は、大変さわやかなお天気でしたが
この後、35度、40度というきびしい暑さに
見舞われているそうです。
なかなか、思うようには行かないものですね。

どうぞ、夏負けをなさいませんように
お大事におすごしくださいませ。

  1. 2009/08/05(水) 08:44:42|
  2. 気まぐれニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

sakura

Author:sakura
   *********
著作権は撮影者にあります。サイト内の写真の無断使用をお断り致します。


   
                     

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する