FC2ブログ

Eternel エテアネール

永遠に残る世界を

黙祷  東北関東大震災 2011 3 11

2011年3月11日 午後2時46分

日本の歴史は変った

地震、津波 原発の火災 これほどの苦しみに襲われた
民はいただろうか~。
地震、津波は裂けようがない自然の猛威、原発は人間が
もたらしたもの、どちらも、静かに、つつましく生きている
民人には、むごすぎる~。
私は、秋田時代に2回大地震を経験しております。
一つは、宮城沖地震、もう一つは、日本海中部沖地震、
どちらも、恐ろしいものでしたが、今回は、それ以上の
怖さがありました。
おかげさまで、我が家は、東からの揺れだったようで、東側に
ありました、本屋、置物などが棚から落ちた程度ですみました。


しかし、この一週間、眠れない日がありました。それは、秋田時代に
大変お世話になった友人が、石巻に住んでいることでした。
最初の2日間は、どのように連絡をとっていいのか分からず、もちろん
被災地には電話は通じない、ふと、秋田に息子さんがいることを思い出し
電話を掛けたところ通じ、友人からはまだ連絡がないという。
また、もしやと思い、妹さんが隣町にいることを思い出し、電話してみたところ、
思いがけなく通じ、地震のあった直後、避難所の3階にいるということが、
友人の妹さんに、連絡があったという。
でもそのあとは、全く連絡がないけれど、元気で頑張っていると信じているという
お話に、私も、ひとまずの心配の山は越え、無事を祈る思いで、連絡を待つことに
した。
そして、4日後の夜中に、息子さんから連絡があり、避難所で元気で生きていました!
周りの方々を励ましている姿を見て、4日間眠れないでいた身体の力が抜ける思い
だったといっておりました。
いつも、自分よりも、他人のことを思う人、やはり、その精神は生きていたようです。
今の時代、自己中心的な人間があまりにも多いなかで、彼女の生き方には
頭の下がるおもいです。

地震の日、少し揺れがおさまりかけた頃、空を見ましたら、西の空は青空に
白い雲が浮かんでいましたが、東の空は不気味なほど真っ黒でした。
ちょうど、我が家の近くがその境目だったのでしょう。
そして、ちょうど、その時は草木染の教室をやっていた時で、つくばいにタンクを
冷やすため、井戸水を流していましたが、突然、茶色の水が出てきましたのには、
一瞬何が起きたのかわからないうちに、ものすごい揺れが起きたのでした。

何もかも、日本中が悲しみに包まれた、3月11日でした。
なくなられた方の無念な思いを忘れないよう、そして、生かされた人間が
これから、世界に立派に立ち直った日本を見せるためにも、ひとりひとりが、
日本人らしい生き方で、がんばらなければいけないと思っています。
私は、娘達が海外におりますが、みんな自分のことのように心配をし、何が出来るかを
考えていてくれるようです。
私のフランス人たちも、即、心配のメールを送ってくれました。
いつでも、フランスは、あなたを待っていると~。

亡くなられた方のご冥福を、心からお祈り申し上げます。

一週間後  3月18日 午後2時46分の空
IMGP0238.jpg

10日前には、この雪景色、つくばいの水はいつもの
苔を通して、透明でした
_MG_3012.jpg

そして、地震直後のつくばい
_MG_3018.jpg

どうぞ、人々も大地も、平穏であれ~。




スポンサーサイト



  1. 2011/03/19(土) 08:20:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

sakura

Author:sakura
   *********
著作権は撮影者にあります。サイト内の写真の無断使用をお断り致します。


   
                     

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する