FC2ブログ

Eternel エテアネール

永遠に残る世界を

ここにも春が!

自分の家の周りのことについて、意外と知っているようで知らないものだとつくづく感じた日でした。我が家と一本道がずれたところに、こんなに立派なミモザが咲いているとは、全く知らないで何年になるでしょう!いつも通る道からちょっと視線を横にずらしただけでしたのに。木の下に行ってよく見ますとミモザだったのです。花屋さんでしか見たことがなかったので、急いでカメラを取りにもどり、幸福感に浸りながらシャッターをカシャッ! 
 ミモザはフランスでは復活祭の花として有名で、この花がさくと喜ばれ、ミモザ祭が行われるそうです。







  1. 2006/03/25(土) 22:50:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<世界の指貫から | ホーム | 芽吹いているのはお花だけではありませんよ~!>>

コメント

立派なミモザですね!
春の日差しが強くなれば、いろんな植物たちが、
目を覚まし、芽吹き、そして花を咲かせる。
サクラだけではありませんね、美しいのは。
  1. 2006/03/25(土) 23:08:54 |
  2. URL |
  3. OHara #-
  4. [ 編集]

たわわに咲き誇ってますね!
イースターといったらミモザ。この華やぎのある色合いは目にも鮮やか!
これから毎年この時期になると気になる「ミモザ」ですね^^;
  1. 2006/03/26(日) 00:02:06 |
  2. URL |
  3. cecile #-
  4. [ 編集]

OHaraさんへ
 露光などはこのぐらいでよろしかったでしょうか?

旬のときに輝いている、人間もそうありたいと思いますが、私はもう手遅れ!

 これからいろいろな花に出会える楽しさ、こころが
ときめきますね。
  1. 2006/03/26(日) 01:05:33 |
  2. URL |
  3. sakura #-
  4. [ 編集]

cecileさんへ

 まさに咲き誇るという表現がぴったりですね。花の時期以外は気がつかないでいることが多いので、この感動を忘れないようにしないと!
 
 四季のある日本はすばらしいですね。(^^)

  1. 2006/03/26(日) 01:19:44 |
  2. URL |
  3. sakura #-
  4. [ 編集]

きれいなミモザですね!
こちらは職場と家の往復でなかなかゆっくりまわりを見ている余裕がないのですが、噴水のモニュメントのところにパンジーがきれいに植えてあります。今日の夜12時にサマータイムに切り替えられますので、もう春がきてるんだな~と感じます。
  1. 2006/03/26(日) 06:37:43 |
  2. URL |
  3. naoko #-
  4. [ 編集]

スコットランドは3月に入ってから冬に逆戻りしたような天気が続いています。せっかくクロッカスやスノードロップ、水仙も咲き始めているのに、この天気ではちょっとかわいそうな気がします。

ミモザ、見事ですね。私が東京にいたころ、いろいろな通りをあるいたので、家の周囲はよく知っていると思っていたのですが、このミモザがある家には気付きませんでした。
  1. 2006/03/26(日) 08:55:32 |
  2. URL |
  3. michi #-
  4. [ 編集]

naokoさんへ
 今はまだ仕事に慣れることが大事なのですから、でも外国はひとつひとつが絵になるところがありますから、小さいことでも季節を感じていけばいいのではないですか?身体に気をつけてね。噴水の周りにパンジーが咲いている、想像しただけでも素敵ですね。
  1. 2006/03/26(日) 10:00:40 |
  2. URL |
  3. sakura #-
  4. [ 編集]

michiさんへ
 東京も桜の開花宣言が出されましたが、そのあと暖かかったり、寒かったりで、一気に開くというところまではないようです。日本も北国はまだ春を実感するのは先だと思います。ミモザは一本青梅街道よりで、マツダの会社の近くの家でした。かなり大きい木でしたから、何年か前からではないでしょか?
明日タピストリーを搬入します。
  1. 2006/03/26(日) 10:09:10 |
  2. URL |
  3. sakura #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiens.blog40.fc2.com/tb.php/130-d5058de7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sakura

Author:sakura
   *********
著作権は撮影者にあります。サイト内の写真の無断使用をお断り致します。


   
                     

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する