FC2ブログ

Eternel エテアネール

永遠に残る世界を

東京を離れて小田原へ

久しぶりに東京を離れて小田原へ。身内のものがソプラノのリサイタルを開くということで、あまりにも忙しかったので、いい気分転換になり、秋本番の駿河の旅を少し味わってきました。途中ロマンスカーから
遠霞の富士山が見え、うれしくなりました。先日、初冠雪があったと言うことでしたが、昨日はそれらしいものは見えませんでした。




50過ぎてから始められた歌。ソプラノのリサイタルを10年目で初めて開いたそうです。若くない年齢から始められたとは思えないほど見な歌唱力に、会場から”ブラボー”のお声が飛んでいました。
これも芸術の秋でした。



小田原郊外の辻村植物園。昔辻村さんと言う方が、海外に行って向こうの植物を輸入して、ここに植えたのが始まりで、このような見事なユーカリがここにあるのは、辻村さんのおかげだそうです。その周りを石のオブジェを置いて、おしゃれな植物園。



2本の見事なユーカリの木の間に石でできた椅子のオブジェ.



ユーカリの木



パンパスグラス。最近いろいろなところで見られるようになりました。



日の当たっているところでは少し色づき始めているみかん。ここはちょうど木の陰になっているので、まだまだ緑の濃い、いかにも酸っぱそうな感じでした。



小田原市郊外の小高い丘から駿河湾を望む、秋の空ですね。



小田原城











  1. 2006/10/16(月) 12:34:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<タイトルなし | ホーム | 秋の詩(うた)>>

コメント

芸術の秋!まっさかり~~~~♪
そんな更新ですね。
小田原城ですか。
この辺は車で年に3回ぐらい走るかな。
岐阜から遠征です。
なつかし~~~
  1. 2006/10/16(月) 22:20:20 |
  2. URL |
  3. ウナム #-
  4. [ 編集]

ウナムさんへ
 ウナムさんは岐阜の方でいらっしゃいますか?いいところにお住まいですね。東京の中で、生活していますと。ちょっと離れただけでも、ずいぶん気持ち的に違いますね。今度は小田原へ途中下車なさるのもいいですよ♪。食べ物が美味しいですから。
  1. 2006/10/17(火) 12:37:33 |
  2. URL |
  3. sakura #-
  4. [ 編集]

小田急でまっすぐ行けば小田原ですが、通過して箱根に出てしまうので小田原はあまり知りません。
小田原城しかり(・・・)
キスデジXの画像はシャープで立体感あって
グレードアップしたのがよくわかります。
特にユーカリの木のお写真、迫力ありますね!
  1. 2006/10/17(火) 16:41:25 |
  2. URL |
  3. dianas #-
  4. [ 編集]

秋は素敵な被写体がいっぱいで、お出かけするのも楽しいですね。
新しいカメラもすっかり使いこなされて益々、sakuraさんのまなざしが輝いているように思います
小田原とても懐かしいです。
横浜に住んでいる頃、そう新婚時代の想い出が色々・・・・
あの頃のしおらしさは、どこえやらですが・・・・笑

パンパスグラス・・草木染めにも使えるのかな~?
  1. 2006/10/17(火) 22:29:55 |
  2. URL |
  3. noa #AMZ1M8Og
  4. [ 編集]

dianasさんへ
 小田原もなかなか面白い街で、国道一号線の町並みは古いお店があり、また出直したいところでした。春の桜のシーズンのお城の周りは、とてもきれいですよ。カメラはまだカメラに振り回されているところがありますが、皆様のご指導を受けながら、なんとか、アップさせていただいております。ふ~。(^^)
  1. 2006/10/17(火) 23:07:57 |
  2. URL |
  3. sakura #-
  4. [ 編集]

のあさんへ
 カメラを持って、楽しみにいくというところまではいかず、撮る時はこれでいいのかしらと、疑心暗鬼になって、えいっ!と、まずは撮ってから考えればいいという状態ですよ。(笑)
しおらしさ?私の中では死語ですね。(~~:)
パンパスは草木染に使えるかは、わかりません。ススキが染められるから、大丈夫かなともおもいますが。
  1. 2006/10/17(火) 23:16:57 |
  2. URL |
  3. sakura #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiens.blog40.fc2.com/tb.php/535-9639bee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sakura

Author:sakura
   *********
著作権は撮影者にあります。サイト内の写真の無断使用をお断り致します。


   
                     

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する