FC2ブログ

Eternel エテアネール

永遠に残る世界を

冬が来る前に  ♪~

スペインにいる娘から春に送ってきました糸での作品。楽しい変化に飛んだ糸でしたので、織りと糸とが生かしきれているか少々心配でしたが、シンプルに仕上げました。




なかなか面白い緯糸(よこいと)、綾織を変化させた織り。




変わり糸以外は,五倍子(ごばいし)と言う植物で染めました草木染の糸を使用。





  1. 2006/10/20(金) 12:42:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<丸の内の中のガーデン | ホーム | 秋の夜  旧交をあたためて Ⅱ>>

コメント

素朴な感じがいいですね。
これならどこで使っても大丈夫そう。
手作りはいいなぁ~
  1. 2006/10/20(金) 20:48:50 |
  2. URL |
  3. ウナム #-
  4. [ 編集]

ウナムさんへ
 思いがけない、お若い方からのコメント、ありがとうございました。とてもうれしいです。(^^)/ そうですね、手作りは、作り手の心も一緒に入るような気がしますから。岐阜にもすばらしい文化がたくさんありますよね。うらやましいです。
  1. 2006/10/20(金) 23:14:46 |
  2. URL |
  3. sakura #-
  4. [ 編集]

繊細で手間のかかった大変な作品ですね。
冬のおしゃれに磨きがかかりますね。
コートの上からふわっと装うと素敵でしょうね。

  1. 2006/10/21(土) 03:09:40 |
  2. URL |
  3. dianas #-
  4. [ 編集]

dianasさんへ
 ありがとうございます。でも、繊細でも、手間もかかっていないのですよ、ただ、糸が面白いので、糸を生かすために、シンプルなものにしました。海外の糸は面白いのがいろいろあって楽しいです。特に、スペイン、イタリア、フランスなどは。
  1. 2006/10/21(土) 09:04:11 |
  2. URL |
  3. sakura #-
  4. [ 編集]

そんなに、手間がかからないものなのですか?
ここまで目を整えるのは、大変そうです・・・。
このシンプルなのにリズミカルなsakuraさんの綾織、素敵です。
(私、生地を選ぶときでも、洋服を選ぶときでも、
ウールなんて特に綾織を選んでしまいます^^)
五倍子の色合いも、上品ですね。
  1. 2006/10/21(土) 22:32:09 |
  2. URL |
  3. ともも #2Z5jlXfU
  4. [ 編集]

とももさんへ
鋭いところをご覧になられて、さすがですね。(^^)
織りの目をそろえるのは大変ですが、織りあがって湯伸しをするときに、多少目は揃います。でも長いものは一気に織り上がらないので、気持ちのありようによって、ずいぶん変わってしまうことがあります。特に繊細なものは。綾織りは、シンプルで、でも奥が深くて面白いですよね。とももさんはお若いけれど、アダルトなものがお好きなのですね。おしゃれですね。
  1. 2006/10/22(日) 23:27:12 |
  2. URL |
  3. sakura #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2006/10/24(火) 00:04:12 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

naokoさんへ
ありがとうございます。確かに変わった糸は使いづらいですが、でも、そこでまた考えるのも楽しい時ですよ。(^^)今回のも、少し織ってみましたが、よさがつぶれてしまいますので、いろいろ考えています。変わった糸に惹かれるのは、やはり、お母さんの子供ですね。糸の件、ご迷惑をかけますが、よろしくお願いいたします。
  1. 2006/10/24(火) 10:39:36 |
  2. URL |
  3. sakura #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiens.blog40.fc2.com/tb.php/549-73e16708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sakura

Author:sakura
   *********
著作権は撮影者にあります。サイト内の写真の無断使用をお断り致します。


   
                     

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する