FC2ブログ

Eternel エテアネール

永遠に残る世界を

南仏の村

毎日、東京は晴天続きですが寒いです~。
でも、北国や、日本海側の雪は大変な積雪で、でも、北海道の
子供達は、元気に明るく、”慣れているもん~♪”と言う言葉に
やはり、自然によって鍛えられている子供たちはたくましいです。
被災地の子供達と同様、子供達から、学ばせられ、鍛えられて
しまいます。

少し、また、暖かい風景にもどりますね。

ワインの発祥地 Garrigueから車で一時間位行ったところでした。

_MG_3363.jpg

_MG_3366.jpg

_MG_3365.jpg

_MG_3368.jpg
  1. 2012/01/30(月) 09:05:13|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真俳句

をさなごの成長は早いですね~。

IMG_2761.jpg

桃色で 準備は出来た 雪よふれ   sakura


IMG_2757.jpg


満面に 春を待つ子 早く来い   sakura
  1. 2012/01/21(土) 11:41:49|
  2. 写真俳句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれから10ヶ月~

ヨーロッパ編をちょっとお休み

昨年6月に石巻を訪ねてから7ヶ月、思うところあって
先日、再び行ってまいりました。
仙台の駅も塩釜、松島、途中ところどころ、こんなところに
船がと言うところもありましたが、大方、瓦礫が取り除かれ、
きれいに整地されているところが多くなっているように思い、
少しずつ前に進んでいるのかなと思いましたが、友人の話では
まだ、まだ進んでいないところもあると、目を伏せながら、首を
横に振って話している姿に、胸が痛みました。

友人が塩釜の魚市場に連れて行ってくれました。ようやく、品物が
そろってきたとの事、やはり、塩釜、新鮮な魚介類にあれもこれも
ほしいと、そして、何よりも、地元にお金が落ちることに賛成、
地元の方の大変だったお話を聞きながらも、今は元気にお仕事を
している姿に感動でした。

_MG_3997.jpg

_MG_4002.jpg

マグロの心臓  新しい証拠だそうです
大変美味でした!!!
_MG_3999.jpg





[あれから10ヶ月~]の続きを読む
  1. 2012/01/20(金) 15:25:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

南仏の村

一月も半分過ぎようとしています。今年の新年は何かが
違うような気がする。
こころのどこかに、今まで同じ事をしていていいのかなと
立ち止まることがあるような~。
昨年秋、南フランスのトゥルーズとアルビの中間にあるガリーグ
と言うところに行ってきました。
30代後半の若い夫婦と3歳の女の子とと6ヶ月の男の子の
4人家族が住んでいました。4年前、古い家を買って、自分達で
全ての内装をやっている。まだ途中の段階だけれど、私の
泊まる部屋が出来ているので、是非来るようにと前から声をかけて
くれました。
3泊4日泊めていただきましたが、便利さが先行する時代、ここは
必要最小限度の電化製品以外は、すべて、レトロと言う徹底ぶり。
野菜は、自分の畑で、肉類は遠くに見える牧場から調達。週に一回
町へ買い物にいく。携帯の電波はとどかないので、町へ行く時に
町に近いところで、やっとつながると言う、何もかも、静かな驚き
でした。

_MG_3434.jpg

郵便ポスト
_MG_3453.jpg

昔の線路の枕木で、洗面所の壁面やバスタブの壁面を

IMGP0337.jpg

IMGP0334.jpg

IMGP0336.jpg

南仏の太陽が降り注いでいました
IMGP0378.jpg

ここまでレトロ
IMGP0375.jpg
[南仏の村]の続きを読む
  1. 2012/01/13(金) 22:17:50|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

買い初め 

IMGP1817.jpg

毎年、箱根駅伝の応援の後、丸の内の丸善で
本を買うことを買い初めとしております。
昨年は、”ニーチェの言葉””くじけないで”の本を
求めましたが、”ニーチェの言葉”は、昨年の
大変な時期を支えてくれた本でした。

 近道は 良書にであう 恵方道   sakura

今年、出会いました”つなみ”の本は、是非、皆様に
お勧めしたい本でした。
海外におります娘達にも読ませたい一冊でした。
  1. 2012/01/09(月) 15:36:16|
  2. 気まぐれニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新春のかがやき

駅伝の応援を終えて~。

_MG_3960.jpg

私は、久しぶりにお堀の方へ歩いて、写真の被写体を探しに~。
_MG_3966.jpg

ふと、空を見上げると、今年の干支の辰のような雲が~。

_MG_3968.jpg

そして、目の前に、昨年の辛い思いを吹き飛ばすように噴水が~。
_MG_3970.jpg

_MG_3971.jpg

_MG_3969.jpg

正面には、滝のような噴水に虹が~。(画面の右端に)

_MG_3976.jpg



足元には、春の花パンジーの紫がまばゆかった~。
_MG_3973.jpg

今年こそ、日本が世界が、穏やかな、でも明日へ向かっては
元気でありますように、祈るばかりです。




  1. 2012/01/05(木) 23:46:41|
  2. 気まぐれニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱根駅伝

今年も箱根駅伝の応援というよりは、さわやかな
若い人の元気をもらいに行ってきました。
年々、応援の観客の人が多くなっていますが、マナーの
悪さもひどくなってきているように思いました。
なんとか、写真を撮れる場所が取れたかなと思って
選手が来るのを待っていると、若い子供連れの女性が
割り込み、前に出てくると言うことに、結局は、人の
肩越しからの写真となってしまいました。::)
_MG_3921.jpg

_MG_3929.jpg

_MG_3945.jpg

今年の東洋大の強さは圧巻でしたね~☆
東洋大の選手が入ってきてから、二位の選手が来るまで
かなりの時間があったことに、応援の人たちも驚いて
いました。
柏原選手の四年間トップであり続けた精神力は見事だったと
思いますね。ご本人のコメントにもありましたが、決して
いい時ばかりではなかったようですが、最後に結果を残すとは、
そして、さらに、感動したことは、彼が福島の出身だった
こと、前にも聞いていましたが、今年の福島出身と言う言葉に
重みを感じ、福島の人へどれだけの勇気と誇りを与えたことでしょう。
今年の東洋大の優勝は、記録尽くめだそうですが、それ以上に記憶に
残る駅伝だったと思います。

選手のみなさん、今年も素晴らしい感動ありがとうございました。



  1. 2012/01/04(水) 00:44:54|
  2. 気まぐれニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お正月

_MG_3859.jpg

今年の我家の注連飾りは、石巻の友人から暮に石巻の山で
作ったリースが届けられました。驚きのプレゼントでした。
被災者の方々へ20個作って届けたそうです。
庭の笹や松や鳥に食べられないで実をつけてくれた万両で
お正月らしい飾りに仕上がりました。
最高の感謝の注連飾りに、今年も東北の方々と心が添えられる
ような気がしました。

そのような新年のお料理はどうしようかしらと、考えました。
やはり、毎年作り続けていたものをやめ、伝統を
途切れさせるのには、少し、抵抗がありました。
なるべくお金をかけないで、どうしてもと言うものだけにしぼって、
考えに考えた結果、やれば出来ることがわかりました。
お野菜は、家の近くの100円野菜で、棚に眠っていた乾物類や
缶詰をチェック、鮮魚類は、お正月値段になる前に買って冷凍、
上手に解凍が出来ましたので、おかげさまで例年と同じお料理が
並びました。
お餅もおこわを炊いたもち米がありましたので、パン粉ね機で~。
おかげさまで、年明けはゆっくり、身体を休めることが出来ました。

IMGP1807.jpg

IMGP1808.jpg

_MG_3882.jpg
  1. 2012/01/02(月) 16:47:07|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2012年  明けまして おめでとうございます

_MG_3726.jpg


 この暖かい光がとどきますように~

 みんな同じ思いで、新年をお迎えになられたことと思います

 皆様のご多幸を 心からお祈り申し上げます
  1. 2012/01/01(日) 01:14:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2011年 終わる

_MG_3427.jpg

Toulouse(トウルーズ)とAlbi(アルビ)の中間にある村Garrigue(ガリーグ)
絵画の世界にいるような見事な田園風景、隣家ははるかかなた、家の中にいて
聞こえるのは小鳥の声か飼い猫の鳴き声(特別なことが起きた時だけ。
外にでれば、黄葉した葉の落ちる音が聞こえるだけ。
遠くにピレネーの穏やかな稜線が見える。

今年、あまりにも過酷な運命にさらされた日本。
暮らしの原点を、幸せの価値観はどこにあるのか、
この静かな世界の中でいろいろ考えさせられた。

ここで暮らしているのは、30代後半の若者。

生かされた命を大切に、明日に向かって、
少しでも多くの笑顔に出会いますように~!
  1. 2011/12/31(土) 00:21:41|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

sakura

Author:sakura
   *********
著作権は撮影者にあります。サイト内の写真の無断使用をお断り致します。


   
                     

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する